プロのアドバイスで資産運用!ファンドラップとは?

ファンドラップとは?

ファンドラップという名前を耳にされた方は、けっこうおられることと思います。でも、何か投資に関することなのだろうということは判るが、具体的なことまではよく判らないというのが、一般的なサラリーマンのファンドラップに関する認識だと言えるかもしれません。そこで、ここではファンドラップという商品の概要を解説していくことにしましょう。
まず、このファンドラップという投資商品のコンセプトには、分散投資が効果的な投資方法であるという考え方があります。すなわち、株式だけに投資するとか、債券だけに投資するということではなく、株式にも債券にも投資をしておくべきだということです。それから、国内の株式・債券だけではなく、外国のものにも投資をしておくべきだという考え方でもあります。

ファンドラップと分散投資

すなわち、国内株式・国内債券・外国株式・外国債券に分散投資をしておけば、効果的な投資になるという考え方です。でも、それなら別にファンドラップを購入しないでも、自分で国内株式・国内債券・外国株式・外国債券を各々25パーセントずつ購入しておけば済むのではないかと思われるかもしれません。
でも、株式や債券の価格は日々刻々と変動していますし、為替の値動きにも資産価格は影響します。ですから、各々25パーセントずつ購入しておいたとしても、そのままにしておけば、各々の比率は年月とともに変化してしまうわけなのです。しかし、ファンドラップの場合には、例えば国内株式のパーセンテージが低下したならば、自動的に国内株式を買い増すというようなこともしてくれる訳なのです。