年間120万円までの投資が非課税!NISA口座とは?

NISA(ニーサ)って何?

NISA(ニーサ)とは、比較的小規模な投資について税制面で優遇するシステムで、2014年からスタートしました。少額投資非課税制度とも呼ばれています。
一般的には、投資信託や株式投資で利益が発生すると、その利益の額に応じて税金を支払わなければいけません。しかし、NISA口座を作成し、その口座にあるお金を使って投資を行うと、一定金額の投資であればその利益に税金がかからないのです。投資信託や株式投資は利益が出ない(投資額が減ってしまう)可能性もありますが、うまく行けば税金がかからないぶん、利益を増やせるシステムになっています。
具体的には、投資信託と株式投資を対象に、年間で120万円までの投資には税金がかかりません。投資の総額は600万円までで、最長で5年間が非課税です。

NISA口座はどうやって開設する?

NISA口座は、証券会社や銀行で専用の口座を開設する必要があります。開設できるのは、日本在住の満20歳以上の人で、1人1口座を開設できます。
口座の開設にあたっては、いくつかの書類を提出しなければいけません。まずは開設を希望する証券会社や銀行に問い合わせをするとよいでしょう。記入が必要な書類などを送ってくれます。自分で用意する必要があるものとしては、2013年(平成25年)1月1日時点の住所・氏名・生年月日が記載された住民票の写し、マイナンバーを確認できる書類、本人確認書類(運転免許証など)になります。NISA口座を開設できる金融機関は豊富ですが、株式投資の手数料などに違いがあるため、事前の調査も大切です。